アプリ課金が払えない。スマホが止められるとヤバイのでお金を借りる

携帯電話が普及してからかなりの年月が過ぎ、今では更に進化したスマホが主流となっています。
スマホは様々な機能を備えており、子供から大人まで一人に一台持っていると言っても過言ではありません。

そんなスマホが人気の理由にアプリがあります。
その中でもゲームアプリはどれだけの種類があるか分からないくらい充実しており、テレビCMでも頻繁に見かけます。

しかしアプリは無料のものから有料のものまで幅広く存在し、また無料でダウンロード出来てもゲーム内で課金して更に面白く遊べる様なシステムを用いているのが大半です。
それだけ人気が高いアプリのゲームは大人でも子供でも関係なく虜にして、課金をしてまで熱中する人も多いのが現状です。

課金しすぎると

アプリ課金

アプリの課金のシステムはスマホの料金と同時に一括請求される様になっており、今月課金した分を来月の請求で支払うという形になりますがこれがかなり問題となっているのも現実です。
通常であれば7000円程度で済むスマホの料金が、アプリの課金のし過ぎで3万円など高額な支払いになる人が続出しているのです。

それでも支払い出来るのであれば問題はありませんが、支払いできない場合はスマホ自体が使えない様になってしまいます。
携帯料金の未払でスマホ自体が利用停止になる期間については各社で多少の差があると思いますが、いずれにしてもスマホが使えないというのは今の時代においては致命的な事です。

スマホが止められてしまうと

仕事からプライベートに及ぶまで今は携帯、スマホがないと生活が出来ない?というくらい生活に密着した存在となっているのでスマホが止められると仕事や生活に大きな影響が出てしまいます。
けど今月は厳しいから料金の支払いが出来そうにない、という状況になるとかなり焦ります。

そんな状況を回避する方法の一つとしてカードローンがあります。
スマホのアプリの課金のし過ぎで請求金額が高くなっても、その額はまったく払えない程の金額までとは予想できません。

仮に5万円だとしてもカードローンであれば融資率は高いと考えられるので、カードローンを契約してスマホが止められるピンチを防ぐ事が出来ます。
カードローンの契約額は少額でも問題はなく、ピンチの時に使うだけといった人では10万円の限度額で契約している人もたくさんいます。

特に仕事上でスマホがないと困るという人はかなり多いので、もしアプリの課金が多い人の場合は支払い出来ないかもという状況に備えてカードローンで借りるという事も視野に入れておきたいものです。

SNSでもご購読できます。