交通事故の示談金を借りる。誰にも知られずに内密に処理したい場合

車を運転する上で本当に怖いのが交通事故です。

交通事故は加害者と被害者共に人生に大きな影響を与え、もし加害者側になると一生をその事故の事で棒にふる事にもなり兼ねません。

しかし大事故ではなく小さな事故の場合、警察も示談をする様に勧める事もあります。

示談は事故の加害者と被害者当人同士が、お互いの加入している保険会社などを通して話し合いにより解決をする事になります。

この際に自分の過失が大きい場合には、相手に対しての保障をする事で事故の件については決着が付くのです。

ここで難しいのがいわゆる示談金という事になりますが、相手の納得のいく示談金を用意しなければ話はもつれて長引き民事裁判に発展するケースもあります。

保険を使わない場合は示談金の準備を

交通事故

示談金は事故の度合いなどにより金額的には幅が広いと考えられすが、保険を使わずに示談を成立させたい場合では相手の要求する示談金を用意しなければいけません。

事故を起こした場合保険を使うのも当然ですが、保険は使えば翌年度から保険料がかなり上がる事になるので長い目で考えて保険を使わずに自分で現金を用意する人もかなり多いのです。

示談金は相手の身体に怪我などを追わせればその治療費、相手の車などを故障させればその修理費など色んな事を加味して要求されると考えられます。

その程度により金額は変わりますが示談金を自分で用意出来る金額としては、100万円くらいまでが限度だと推測出来ます。

示談金が準備できないときは

それくらいの貯蓄などがあり手持ちで対応出来れば良いのですが、手持ちがなければカードローンなどで借りる方法もあります。

示談金をカードローンで借りる事は、その後の保険料のアップに比べて安く済む事も考えられます。

金利の低いカードローンで示談金を借りる、そして早く示談金を払い事故を整理する事は悪い事ではありません。

ただ家族や身内などに事故の事実を知られたくないといった事情があれば、バレない様にカードローンで借りる工夫も必要です。

事故後の事は長引かせるとずっと精神的に良くないので、示談金を早く用意して気持ちを整理する必要も出て来ます。

SNSでもご購読できます。