2016年 10月 の投稿一覧

キャバ嬢に貢ぐお金を借りる。男の見栄はカードローンで乗り切れ

今も昔も変わりなく男の遊びと言えば、キレイな女性がいる店で酒を飲み盛り上がる。
これは本当に変わらずに、同時にストレス発散の場とも言えるでしょう。

そして違う言い方をすれば夢を見させてくれる至福の場として、疲れを癒してくれるとも言えます。
そんな男達を魅了する場所は現在はキャバクラがメインで、景気が回復しなくても足繁く通う人もかなり多いのが現状です。

しかし当然ながらキャバクラ遊びにもお金が掛かるので、自分の収入の範囲だけでは行きたくても行ける回数は自然と制限されてしまいます。

お気に入りのキャバ嬢と二人きりのチャンス、でもお金が・・・

お気に入りのキャバ嬢から連絡が来て、遊びに来てとかアフター一緒に行くから来てなどと言われると行かない訳にはいきません。

けど財布を見ると・・・となり気持ちを抑えるしかないと諦めてしまいがちです。

そんな時に頼りになるのがカードローンです。
本当は給料日前だから断らなければいけないけどという場面でも、カードローンがあれば会いに行く事が出来ます。

お気に入りのキャバ嬢から来て欲しい、と言われたタイミングで行く事が出来ればポイントアップで同伴やアフターなど、 二人きりになれるチャンスもぐんと上がってきそうです。

ただそれで借金地獄になるのは防ぎたいところで、その為にはカードローンを上手に使いたいのが本音です。

上手に使ってキャバ嬢と親密に

キャバ嬢にプレゼント

カードローンで大事なのは、今回いくら借りていつどのくらい返済すれば良いのかをきちんと把握して借りる事です。

それさえ出来ればせっかくのお気に入りのキャバ嬢からの誘いを、お金がないからとみすみす断らずに済みます。

これが男の見栄と言われればそうかも知れませんが、ストレス発散や一瞬の夢でも叶えばそれだけで救われる事もあります。

キャバクラでは大体セット料金で5000円などと書いていますが、実際にかかるお金はその倍はかかると考えた方が良いでしょう。

特にお気に入りのキャバ嬢を指名して、その子が飲みたいものを飲ませてあげればそれ以上にかかる事も考えられます。

週に一度は会いに行きたいと考えれば、財布の中身が乏しい時もあります。

そんな時はカードローンを上手く利用して、お気に入りのキャバ嬢から見放されない様に多少の見栄は
張っても良いのではないでしょうか?

アプリ課金が払えない。スマホが止められるとヤバイのでお金を借りる

携帯電話が普及してからかなりの年月が過ぎ、今では更に進化したスマホが主流となっています。
スマホは様々な機能を備えており、子供から大人まで一人に一台持っていると言っても過言ではありません。

そんなスマホが人気の理由にアプリがあります。
その中でもゲームアプリはどれだけの種類があるか分からないくらい充実しており、テレビCMでも頻繁に見かけます。

しかしアプリは無料のものから有料のものまで幅広く存在し、また無料でダウンロード出来てもゲーム内で課金して更に面白く遊べる様なシステムを用いているのが大半です。
それだけ人気が高いアプリのゲームは大人でも子供でも関係なく虜にして、課金をしてまで熱中する人も多いのが現状です。

課金しすぎると

アプリ課金

アプリの課金のシステムはスマホの料金と同時に一括請求される様になっており、今月課金した分を来月の請求で支払うという形になりますがこれがかなり問題となっているのも現実です。
通常であれば7000円程度で済むスマホの料金が、アプリの課金のし過ぎで3万円など高額な支払いになる人が続出しているのです。

それでも支払い出来るのであれば問題はありませんが、支払いできない場合はスマホ自体が使えない様になってしまいます。
携帯料金の未払でスマホ自体が利用停止になる期間については各社で多少の差があると思いますが、いずれにしてもスマホが使えないというのは今の時代においては致命的な事です。

スマホが止められてしまうと

仕事からプライベートに及ぶまで今は携帯、スマホがないと生活が出来ない?というくらい生活に密着した存在となっているのでスマホが止められると仕事や生活に大きな影響が出てしまいます。
けど今月は厳しいから料金の支払いが出来そうにない、という状況になるとかなり焦ります。

そんな状況を回避する方法の一つとしてカードローンがあります。
スマホのアプリの課金のし過ぎで請求金額が高くなっても、その額はまったく払えない程の金額までとは予想できません。

仮に5万円だとしてもカードローンであれば融資率は高いと考えられるので、カードローンを契約してスマホが止められるピンチを防ぐ事が出来ます。
カードローンの契約額は少額でも問題はなく、ピンチの時に使うだけといった人では10万円の限度額で契約している人もたくさんいます。

特に仕事上でスマホがないと困るという人はかなり多いので、もしアプリの課金が多い人の場合は支払い出来ないかもという状況に備えてカードローンで借りるという事も視野に入れておきたいものです。