社会人になりたての頃はあまり経験する事がないかも知れませんが、20代中盤くらいに

なると周りの知人が結婚をして家庭を持つ様になります。

不思議なもので結婚は連鎖する様に、自分の知人や友人が次々と同じ年に結婚する事も

珍しくはありません。

嬉しいことだけど出費が痛い

結婚式

そんな知人や友人の結婚式に招待されるのはとても嬉しい事ですが、唯一ちょっと困るのが結婚式の祝い金でもあるご祝儀です。

それ以外にもスーツやドレスが古くなった、結婚式の会場が遠方であるなど様々な理由が生じてご祝儀以外にもお金がかかる事も結婚式に招待された時には重なります。

だからと言ってこればかりはお金がないから出席出来ないという訳にはいかず、どうにかして捻出しなければならないものです。

自分自身が独身で若い内であればさほど痛い出費とはなりませんが、自分にも家庭があり生活にもあまり余裕がない状態だと結構痛い出費となります。

そんな時に頼れるのがカードローンで、結婚のご祝儀を借りるという人は少なくはありません。

結婚式が同じ月に重なると

同じ月に結婚式に何件も招待されたりすると、給料の大半をご祝儀で持っていかれる形になりそれでは生活費が不足してしまうのでカードローンで借りるという方法を取る人が多いのです。

カードローンの利便性はそんな時にこそ発揮されます。

急な出費、たくさん借りる必要はないけどあればいざという場面で助かる、カード発行までが銀行のローンなどにくらべて早い、などが挙げられます。

結婚のご祝儀を払えない時の対応としては、カードローンで10万円などの低い金融で契約をしてボーナスなどで返済をしてしまうの形が良いと考えられます。

返済までの期間を短く計画しているのであれば、カードローンの中でも消費者金融のカードローンでも利息はそんなに気にしなくても良いと思います。

逆にしばらくは完済できそうにないと考えていれば、ネット銀行などの金利の低いカードローンを検討するのが良いと思われます。