一生を添い遂げる約束で行う結婚。

ですが、全てがお互いに上手くいかない夫婦も世の中にはいます。

解決されなければやむを得ず離婚という選択に至り、お互いに新たな別々の道を歩いていく事になります。

離婚する場合においては様々な問題が生じますが、その中で一番気になるのが慰謝料という問題になります。

慰謝料を払うのは男性も女性も可能性がある

離婚

慰謝料と聞くとイメージ的に、男性が女性に支払う様な受け止め方をしている人も多いのですが実は違います。

定義を話すと長くなるのでここでは離婚における慰謝料という意味で書きますと、浮気や不倫などの不貞行為を受けた場合や暴力などを受けた場合に使われると考えて下さい。

ただ離婚の原因の実情では不倫などが多くなっているのが現状で、その場合では不倫をした側が相手に対して慰謝料を支払わなければいけないのが一般論で、その金額においてもお互いに話し合いを行い話がもつれれば法的な方法での解決策も考えられます。

いずれにしても慰謝料を払うとなれば、それなりの金額が必要になります。

というのも慰謝料の相場は100万円から300万円となっているので、簡単に払える金額ではありません。

100万から300万の一括払いは厳しい

また基本的には一括で支払わなければいけないので、自分にそれだけのお金がなければ借りるという選択肢を選ばなければいけなくなり得ます。

借りるとなれば金融機関から借りる事になりますが、早く慰謝料を払ってしまいたいのであればカードローンが良いかと感じます。

各金融機関でカードローンの扱いがありますが、一番早いのは大手消費者金融で次はネット銀行のカードローンが融資までの時間は早いと感じます。

また別れた元嫁にバレずに借りたいという気持ちもあると思うので、そうなればプライバシーへの配慮を考えてくれるカードローンが望ましいのではないでしょうか?

そういった点では消費者金融のカードローンがオススメですが、金利の面では銀行のカードローンが低いので元嫁にバレずにに借りる事の出来るカードローンを慎重に探す事が大事です。