飲みに行きたいけどお金がないという方も少なくはないと思います。

男女に関係なく付き合いというのは、今も昔も変わりなく出てきます。

またそれがストレス発散になり、仕事の上でも上手くやっていける事にも繋がります。

しかし近年の不況からお小遣いを減額されたり、生活費も切り詰めているという人も少なくはありません。

その為飲みに行きたいけどお金がないから我慢する、といった事も仕方のない現実です。

断れない飲み会もありますよね

飲み会

でも仕事上などの面でのお酒の付き合いは省きたくても省けないのも正直なところでその為にはやはりお金が必要だとなります。

給料日の直後などであればまだ良いですが、給料日の前などでは特に痛い出費となってしまいます。

そんな時にはカードローンを上手に利用する事もひとつの方法で、カードローンを利用しながらやり繰りしている人も多くいます。

例えば給料日まで後10日もあるけど会社の同僚達に飲みに誘われた場合、本当はお金がないから断ろうと思っても中々正直に言いずらいって時もあります。

そんな時のために

そんな時カードローンを一つでも契約していれば、いざという時に助かります。

給料日まで10日あるけど飲みに行く為にとりあえず契約しているカードローンで必要分を借りて給料が入ったらすぐに返済してしまうといった形で利用すれば利息も10日分で済みます。

もし借入先が消費者金融であれば金利は18.0%と考えられますが、10万円を30日借りても利息は約1500円となるのでそこまで痛い利息ではありません。

飲みに行くのに10万円も借りて行く事は考えられませんが、年末や年度末などそういった飲みに行く回数が増える時期でも、カードローンを利用すれば乗り切る事が出来るのです。

カードローンの上手な利用の仕方は契約額は20~30万円程度として、本当に必要な分を必要な時だけ借りてなるべく早く返済をしてしまう、といった事が考えられます。

返済をしてしまえばその時点から利息は払わなくて良いので、また必要な時だけ借りて返すを繰り返す方が上手な利用方法ではないでしょうか?

人との付き合いも大事な事なので、飲みに行きたいけどお金がないからいけないというケースを

カードローンを上手く利用する事で回避する事が可能です。